読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペイン語の学び方 Subjuntivo 使い方2

こんばんは。
マドリードは今日一日霧におおわれてました。
寒かった。。

さて、今日、会社の同僚と私の会話です。
私と少し離れた机に座ってる女の子が、話しかけてきました。

Yoki (私のニックネームです。), prestame tu boli (bolígafoの略です。).
:Yoki、ボールペン貸して。

Vale , el azul ? el negro ? o.. Cual quieres?
:いいよ。青色?黒色?どれがいいの?

Pues da igual, lo que sea.
:う~ん、特に。どれでも。

さてさて、Subjuntivo第二弾。
知らないものの話しをする場合です。

まさしく。私の同僚が言った、

"lo que sea "

とてつもなく。よく使うフレーズです。
この場合、
lo :会話の中で話したモノ
que :lo を説明する関係代名詞(英語ではwhich/thatにあたります。)
sea:serのsubjuntivo、現在形、変形-彼、それ(三人称単数)

つまり、青色のボールペンも黒色ボールペンも、どのボールペンのこと話してるか知らないけど、どれでもいいよ。
という意味が込められてます。

これに対して、"lo que es"が使われるフレーズの紹介をします。
例えば、薬局にて、

Aさん:Perdon estoy buscando una pastilla para protejer estomago, que era el color naranja y la forma redonda...
すいません。胃を守る薬(胃薬)を探してるのですが。。オレンジ色で丸い形をした。。

店員さん:Si, si, sé lo que es.
はいはい。どの薬のことおっしゃってるのか分かりますよ。

この場合、店員さんには、Aさんが探している薬がどれなのか、理解できてることになります。


なんのことか確証がないものはSubjuntivoを使う。ということは、Subjuntivoは激しくよく使われるということなのです。

例えば、先程の同僚との会話に戻ろます。

同僚:Puedo llevar tu boli a la reunion ?
あなたのペン、会議に持っていっていい?

私:Si, como quieras.
どうぞ、ご自由に。

ここで、
como :手段を意味するHow と同じ意味
quieras :quererのsubjuntivo、現在形、変形-あなた

この文は、英語では"whatever you want"と同じ様な意味になります。

スペイン語では、あなたの好みの手段は具体的にはわからないけど、好きなようにしていいよ
という意味が、かくされています。

他には、

A:Donde pongo tu bolso ?
あなたのバッグどこに置こうか?

B:Donde puedas.
どこでも、置けるとこにおいて。

ここで、
puedas: poderのsubjuntivo、現在形、変形-あなた

他の例文では、お店にて、

A:Perdon, estoy buscando un abrigo que sea muy gordo.
すみません。分厚いジャケットを探しているんですが。

sea:serのsubjuntivo 、現在形、変形-彼、それ

以上、

少しでも、掴んでいただけたらうれしいです。